用作(ゆうじゃく)公園

見頃時期 : 11月中旬前後
花色紀行>>祭りや旅行>>紅葉狩り紀行

 用作(ゆうじゃく)公園 大分県豊後大野市朝地町上尾塚 

用作(ゆうじゃく)公園の紅葉
上矢印
2014年11月20日の9時半頃に到着しての撮影です。福岡市の自宅を5時半に出発して大分光吉ICを経由してここまで来ました。かなり遠回りになりますが九重経由と違い運転は楽になります。

用作(ゆうじゃく)公園の紅葉
上矢印
湖水は濁っているのですが紅葉を反射するかすかな色合いもあり、うまく撮影すればとても素晴らしい絵になりそうです。広角で撮影すれば絵葉書的になるし、ズームで撮影すれば個々の広さと全体像が不明になるし、空を入れてしまえば散逸的になってしまうし・・・難しいところです。

用作(ゆうじゃく)公園の紅葉
上矢印
湖水を一周して反対側に出ると光線の加減で透過光撮影ができる場所もあります。とにかくここに来たらいろんな場所を散策すべきです。ツアー客のように集中してメインの場所から眺めるだけではもったいないです。

用作(ゆうじゃく)公園の紅葉
上矢印
紅葉が水面に接するまで垂れ下がり、水面は逆さ紅葉が映りとても風情があります。今年はここまでです。この後は岡城址へ行きます。

用作(ゆうじゃく)公園
上矢印
2013年11月21日の9時00分に到着しての撮影です。一番近い下の段の駐車場に止めたいので早々に着いたのですが、福岡市の我が家からだと6時に出発して、大分光吉IC回りでやっとこの時間になります。

用作(ゆうじゃく)公園
上矢印
入園して思ったのですが、今年(2013年)の紅葉はそれほど鮮やかではありませんでした。2010年の紅葉の鮮やかさが記憶にあるものでついつい比べてしまいます。やはり自然のものですから毎年違うのが当たり前ですが・・・

用作(ゆうじゃく)公園
上矢印
心字池にかかる紅葉はやはり風情があります。水面が静かで紅葉を映しだしたりして、部分的には幻想的な雰囲気でした

用作(ゆうじゃく)公園
上矢印
紅葉の木々の中にはこのような鮮やかなもみじも有りますので、園内をゆっくりと散策すればもっと素晴らしい眺めに行き会ったかもしれません。

用作(ゆうじゃく)公園
上矢印
全体的な紅葉はまだ7分程度のようです。南側の円字池の方はまだ5分程度にも進んでいないようでした。更に上の方の紅葉も部分的にしか紅葉が見られません。つまり来るのがやや早すぎたようでした。

用作公園の紅葉風景 1 左矢印
ここの公園に最初に足を踏み入れたときには、それこそ息を飲むような光景でした。あまりの見事さにしばし佇んだものです。その後も何度か行きましたが、年によっては不作の時もあり様々でした。

右矢印
上の段の心字池奥の方へ行って池の方を眺めたところです
用作公園の紅葉風景 2
用作公園の紅葉風景 3 左矢印
見事な紅葉を満喫するにはなるべく早く到着するのがよろしいようです。駐車場が狭いのですぐに塞がってしまいますし、人出で大混雑になる場合もあります。

右矢印
心字池の先の方ではまだ色づく前の木々と紅葉の木々とが対比していました。陽が当たる枝先が輝いているのできれいでした。
用作公園の紅葉風景 4
用作公園の紅葉風景 5 左矢印
今回は南側の円字池周辺の紅葉までは見回っていませんが、観光客の中には道をかき分けながらベストショットを探す人も見かけました

右矢印
今回のようにタップリと日差しがしっかりと当たりますと紅葉の木々が輝くような美しさを見せます
用作公園の紅葉風景 6
用作公園の紅葉風景 7 左矢印
2段上の写真と同じ位置でカメラを変えて撮影したのですが見事な紅葉の写りは一緒ですね

右矢印
心字池にかかる紅葉の枝がとても見事でした
用作公園の紅葉風景 8
用作公園の紅葉風景 9 左矢印
何処を眺めても紅葉の木々で埋め尽くされて、何本あるのか分かりませんがじっくりと鑑賞に浸ることが出来ました

右矢印
上の段の心字池、奥の方へ行って池の方を紅葉の木々越しに眺めたところです
用作公園の紅葉風景 10
用作公園の紅葉風景 11 左矢印
下段の駐車場周辺の紅葉風景です

右矢印
下段の駐車場から南側の円字池方向を眺めたところの紅葉です
用作公園の紅葉風景 12

大分県ではかなり有名な紅葉の名所で、シーズン中には県内外から20万人の人達が観光に訪れるようですが、国道57号線からの案内標識に従って入って行くと道路がかなり狭く、時には観光バスとの離合の為にしばし車が立ち往生することもあります。公園の駐車場も狭くてしばし行列を作ることにもなるようです。

公園内にはカエデ、モミジなどの紅葉の木々が約500本あって、北側の心字池、南側の円字池に映る見事な紅葉の木々にうっとりするあまり、しばし時間がたつのを忘れてしまいます。期間中は恒例になった夜間のライトアップもあり、昼間とは違う感激に浸れそうです。駐車場から見下ろす位置で紅葉が山をなしているのがわかりますので、到着したとたんにきっと驚かれることでしょう。

 車イス情報 
車イス利用者用駐車スペースはありません。身障者の場合は「一般車通行止め」の看板を無視して急坂を下ると下の駐車可能な広場に出ます。テントがあったりお店を出している家などもありますが身障者用トイレは見当たりませんでした。事前に町役場に電話して確認したときには「身障者用トイレもあります。」という返事だったのですが・・・ただし、2010年に行ったときには車イスに乗ったお年寄りが介助された状態でスロープを登って行くところを見ました。私自身は未利用未確認です。

園内は大部分未舗装ですが、ほぼ車イスでまわることができます。もちろん行けない所も多いのですが、そういうところは一般観光客でも行きませんからほとんどの紅葉を鑑賞できます。
  • 住所  :〒879-6213 大分県豊後大野市朝地町上尾塚
  • 電話番号:0974-72-1111(朝地町企画商工観光課)
  • 入園料 :無料
  • 開園休日:無休
  • 撮影日 :2013-11-21、2010-11-18
  • 駐車場 :無料
  • URL :
  • 参考 :国道57号線を走っていたら案内標識が出ています。竹田の直ぐ隣で分かりやすいです。

このページ最初へ戻る

戻る<< 花色紀行 >>次へ